top

 

 スポンサードリンク

イタリアンCARO

地元に本格的なイタリアンのお店がオープンしたので、早速食べに行ってみました。西武池袋線の桜台駅から、ほど近いところにあります。

お店の名前は『CARO』と書き、イタリア語でカーロと読みます。意味は親愛なとか貴重なという意味で、英語のDEARと同じ意味のようです。

軽くビールを飲みつつ、オードブルの生ハムサラダをつまみながら、本日のおすすめパスタの「あさりとアスパラのホワイトソース」をオーダーします。これは一緒に行ったツレ用で、自分が頼んだのは、普通のカルボナーラです。

ジェノーバの石炭掘りのためのソウルフードであるカルボナーラは、なぜか思い入れがあって、まともなパスタを食べられる店では一度は食べてみたくなります。自分にも石炭掘りのDNAが宿っているのかも知れませんね(^o^)

それはともかく、オーダーした後、若きシェフがやってきて「両方ともクリームスープでかぶってしまうので、あさりとアスパラの方をトマトソースにしましょうか?」と聞きにきた。なるほど、それくらいの融通をきかすのはお安いご用という感じなので、トマトソースに変更してもらいました。

あさりとアスパラのホワイトトマトソース

そして出てきたのが、「あさりとアスパラのトマトソース」です。トマトの酸味がほどよく抑えられて、優しい味わいになっているトマトソースは、安心感があってもっといっぱい食べたくなりました。

カルボナーラ

石炭掘りの血が騒ぐ(笑)カルボナーラの方は、港町ジェノーバというよりも都会的なおもむきがあるフィレンツェ風(見た目も味も)といった感じでした。



とちらも美味しかったです、その後、これもすごく美味しいデザートを食べて締めくくり、今夜のディナーは終了しました。オープンしたてなのでスタッフの対応がぎこちないのもご愛敬ということで、これから繁盛していけばどんどん洗練されていくでしょう。また行くからよろしくねぇ~。  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら