top

 

 スポンサードリンク

かき釜めし|駅弁ほっとシリーズ

かき釜めし箱

近所の西友で、ときどきやってる駅弁大会の中の一品です。広島の季節限定弁当です。

駅弁ほっとシリーズというのがあるらしく、石灰を使った発熱装置(使い捨てカイロみたいなの)が容器に内蔵されています。ヒモを引っ張って加熱が始まります。
かき釜めしヒモ

7~8分ほど待って外箱を外すと、釜飯らしく釜のフタのようなデザインです。
かき釜めし容器

そして中身はこんな感じです。かきみそというタレが付属してます。牡蛎もご飯もほっかほかです(^_^)
かき釜めし中身

かき釜めしは、かきめしと作り方が違うようで、ご飯が薄味ですね。牡蛎もご飯もフワフワで温かいので、無理に濃い味の弁当にしなくても充分美味しいです。

旅の途中に列車の中で食べると、さらに美味しく感じることでしょう。  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら