top

 

 スポンサードリンク

いくらまぐろ丼|青粋

いくらまぐろ丼|青粋しばらくぶりに、まぐろ丼の青粋です。いつも昼どきは混んでいます。

新鮮な三崎港のまぐろが食べられるので、人気があるのも分かります。

今日は、イクラとまぐろの、名前もそのまんまの『いくらまぐろ丼』です。

シンプル、ストレート、ひねり無しのネーミングです(^o^)
  


洋庖丁江古田店のスタミナ焼き定食

洋庖丁江古田店のスタミナ焼き定食本年度、初洋庖丁です。洋庖丁といえばスタミナ焼き定食です。この肉と野菜のタレ焼きは、無性に食べたくなることがあります。

いつも満席の狭い店内は、席が空くのを待っている客がいます。

お笑いコンビの「くりぃむしちゅー」の有田哲平さんも通ったという、洋庖丁のスタミナ焼きですが、有田哲平さんの好物クリームシチューがコンビの名前の由来らしいので、クリームシチューの方が、洋庖丁のスタミナ焼きより好きだったワケですね。ふーん(・_・)  


漬け五目丼|青粋

漬け五目丼|青粋まぐろの漬けと五目(?)のドンブリですが、五目には数が足りないようです。

まぐろ漬け以外には、イクラ・すき身・赤身・玉子の4つです。あと一つは何処に?

まさか、ご飯てことないよなぁ(^_^;)  


三崎港のまぐろ丼|青粋

コストパフォーマンス抜群のまぐろ丼です。

ご飯の上にトロロを敷いて、その上にまぐろを並べてあります。

ワサビを溶いた刺身醤油をまぐろに直接かけても、ご飯にまで醤油が染み込まないので食べやすいです。

  


ねぎとろ丼|青粋

ねぎとろ丼|青粋青粋という、まぐろ丼がメインの大衆食堂で、ねぎとろ丼を食べました。

ねぎが少なすぎのねぎとろ丼です。

中央の半熟卵は、とろけるような半熟ではなくて、プリン程度の硬度を保った微妙な茹で具合でした。
  


前のページ  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら