top

 

 スポンサードリンク

頭脳パン ベーコンマヨ|フジパン

頭脳パン ベーコンマヨ|フジパン47年前から発売されている、昔懐かしい頭脳パンです。

映画化されてロードショー中の『レイトン教授と永遠の歌姫』とのコラボ物です。

頭脳パンとは、頭脳粉(登録商標4161379号)を使用したパンのことです。

糖分だけが脳のエネルギー源ですが、その糖を分解してエネルギー変換する働きを助けるのがビタミンB1で、通常の小麦粉より多くのビタミンB1を配合したのが頭脳粉だそうです。
「キミはこのナゾが解けるかな?」ウラ面のナゾを解こう!
ということで、簡単なクイズが掲載されています。

食べながらウラ面の謎解きをして、頭脳を働かせたい思います(^^)v  


懐かしロールじゃりチョコ|神戸屋

懐かしロールじゃりチョコ|神戸屋

ふんわり生地で、小ぶりで短いロールパンです。

中身は、じゃりじゃり感が特徴のシュガーチョコレートクリームがサンドされています。

懐かしロールじゃりチョコ


このじゃりじゃり感が、くどくなりがちなチョコクリームの味をやわらげているようですが、逆にちょっとした抵抗感も生み出しています。

好みが、分かれるかも知れませんね。  


冬季限定ティラミスフランス|神戸屋

冬季限定ティラミスフランス|神戸屋

パッケージにあるティラミスケーキのイメージ写真が目を引きます。袋の透明部分から見えるのは、ちょっと柔らかそうなホットドッグ用のパンです。

中身はどんなかなぁ~
楽しみにして割ってみましたが、ちょっと失望しながらも、ちゃんと層になってるじゃん。

冬季限定ティラミスフランス中身

『ティラミスの味わいをイメージしました』と断り書きがある通り、ティラミスもどきには違いないです。

マスカルポーネチーズ風クリームの味がほとんどしないので、コーヒークリームパンという感じです。
でも、そこそこ美味しいですよ。  


朝クロ!粒あん|神戸屋

朝クロ!粒あん|神戸屋

わかりやすいネーミングの朝クロ!です。朝食にぴったりのクロワッサンということですね。

クロワッサンの生地は薄く感じられますが、けっこう美味しいです。
朝クロ!粒あん|神戸屋

しかし中身の粒あんは、どんだけ少ないんだぁ!!!ていうほどしか入っていません。でもこれはこれでワンポイントでいいと思いました。

あんパンを食べたいから食べると、残念な気持ちになります(>_<)
かくして、クロワッサンのあんパン化計画は失敗に終わったようです。チープな菓子パンに過ぎなかったです。  


お米入りロールパン|Pasco

お米入りロールパン|Pasco話題になってるらしい米粉を練りこんだロールパンです。真っ白なテーブルロールは、確かに白いご飯をイメージさせますね。

食べた食感は、
 ふわふわ → もちもち → しっとり
そのまま食べるとこんな感じでした。

焼いても美味しそうですね。新潟産こしひかりを練り込んであるそうですが、小麦粉に対してどれくらいの割合で、米粉が使用されているのか気になります。

ほのかな甘みは、こしひかりの特徴である甘みで、もちもち感は、こしひかりの粘り気が出ているようです。  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら