top

 

 スポンサードリンク

かしわめし弁当 on のぞみ

かしわめし弁当 on のぞみ小倉からの帰りの新幹線の中で食べたのが、かしわめし弁当です。

ホントは北九州→東京間なら、小倉空港から羽田空港まで飛行機の方が断然早いのですが、チケットが取れずに、新幹線のぞみで長旅をすることになってしまいました(^◇^;)

でもそれはそれで、電源が使えるのぞみは、モバイラーにとってはオアシスなので、5時間弱の車中で、ブログの更新したり、映画観たりできますね。(誰にも邪魔されずに)

北九州の郷土料理である鶏(かしわ)料理の流れをくむという、かしわめしは、鶏の出し汁で炊き込んだご飯の上に鶏肉・錦糸卵・海苔をのせて3色弁当になってます。(斜めにおいていたら片方に寄ってしまった)

北九州駅弁当株式会社の製造するこのかしわめし弁当は、小倉駅でしか発売していないらしいです。

美味しいですよ。列車の中で食べるのにちょうど良い要素(味・香り・粘度・乾燥度・汁気度・具材の種類度…などなど)だと思いました(^_^)  


むつごろう焼き

むつごろう焼き元祖焼きうどんの味気なさにショックを受けて、何か口直しをしたいと思いながら、小倉の街をぶらついていると、むつごろう焼きの看板が…

何のことはない、むつごろうの形をした鯛焼きなのです。

チョコ入りのむつごろうを食べました。これがケッコウ旨かったです。

ああ、良かった!このむつごろう焼きに出会えなければ、小倉が嫌いになるところでした(;^_^A アセアセ…  


元祖焼きうどん|だるま堂

元祖焼きうどん|だるま堂バナナの叩き売り、パンチパーマ、競輪…などと並んで小倉発祥の食べ物で誰でも知っている、誰でも一度くらい食べたことがあると思われるのが「焼きうどん」です。

JR小倉駅から歩いて5分ほどの所にカウンター席が6席のこじんまりした店で、おばちゃんが一人で切り盛りしているだるま堂があります。

なぜ小倉が焼きうどん発祥なのかは、小倉焼きうどん研究所に詳細があります。

その焼きうどんを最初に考案しただるま堂さんの焼きうどんです。

元祖の香りが充満してます。元祖の味であふれています。元祖の雰囲気に涙が出ます(T.T)

決して美味しいと言えないところが、元祖の元祖たるゆえんです(^◇^;)

正月3が日は閉店していたようで、今日が初日なのでお年玉だと、おばちゃんがカワイイだるまをくれました。

だるま堂でだるまを貰う、、、春から縁起がいいとはこのことです!

今年はさらに良いことありそうです(∩.∩)



  



インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら