top

 

 スポンサードリンク

ボジョレーヌーボー解禁2009

ボジョレーヌーボー解禁2009今年のボジョレーは、現地フランスのボジョレーワイン委員会によれば『並外れた年』と言われた03年と05年をも越えるであろうということらしいです。

だからといって、ボジョレー・ヌーボー風呂(箱根小涌園ユネッサン)って、ありですかぁ?ボジョレー地方の人たちが知ったらどう思うでしょうね。

理不尽な気持ちはさておき、一年に一度のボジョレー・ヌーボーを満喫しましょう!

今年のボジョレーは昨年と比べ、フルーティーさが少ない分、ワインらしさを満喫できます。まさに葡萄酒!っていう感じです。

いやいや大変おいしいですね(^^)v
  


にごり葡萄酒

にごり葡萄酒生産本数限定12,000本の無濾過ワインの『にごり葡萄酒』です。ワインというより葡萄酒と呼ぶ方が似合うクラシカルな雰囲気です。

京都の丹波で造られています。京都って葡萄の産地があったっけ?と思ってラベルを読むと輸入ぶどう果汁使用となっていました。

濾過していない深みがありながらもまろやかで、どことなく和の雰囲気まで醸し出しています。上品な和菓子をつまみにして飲みたいくらいですね。

酸化防腐剤入りですが、薬物的な刺激はほとんど無いので葡萄本来の果実味が凝縮した味わいです。ちなみにアルコール度数は9%でした。  


酸化防腐剤無添加 赤ワイン|TOPVALU WINE

酸化防腐剤無添加 赤ワイン|TOPVALU WINEイオン系のディスカウントストアで売っていた無添加ワインです。

ミディアムボディの表示があるのですが、グラスについでみると向こう側が透けて見えるほど色が薄いのです。

安価なワイン相応に、安っぽいなと思いつつ飲んでみるとけっこう美味しいのです。ミディアムのウエイトは無さそうですが、ライトボディとはいえない濃さがあり、ミディアムとライトの中間くらいのいい感じです。

日常的に飲んでもいいと思うワインなのですが、買ったところがたまたま遠出をしていったところなので、普段の生活の買い物圏内ではないのが残念です。  


ピノタージュ(PINOTAGE)2007

ピノタージュ(PINOTAGE)2007南アフリカの赤ワイン、SOUTH AFRICAN PINOTAGE(サウス アフリカン ピノタージュ)2007を飲んでみました。

西友で売られていたクラレット アズダ エクストラ・ペシャルが姿を消したと思っていたら、今度はより安価な南アフリカワインを山積みして売っていました。西友はウォルマート傘下なので、ウォルマートの子会社のワインを扱っているようです。

南アフリカ固有のブドウの品種「ピノタージュ」。ミディアムボディの発酵臭は濃厚で酸味が強く、長く続く後味があります。

奥深さや満足感はあまり無いのですが、不況下におけるその低価格から、けっこう売れているようです。  


クラレット|アズダ エクストラ・ペシャル

クラレット|アズダ エクストラ・ペシャルミディアムボディのボルドー産の赤ワインです。

今月になってから、わりと頻繁に飲んでます(^o^)

近所の西友で、大量に積み重ねて売られている安価なワインですが、これが結構おいしいのです。

実は防腐剤入りのワインをあまり好まなくて、無添加ワインを飲むことの方が多いです。でも、これは今年の(葡萄は昨年秋の)滅多にない収穫だと思ってます。

亜硫酸塩含有でありながら美味しいワインに巡り会えるのは、なかなか無いことなので喜んで飲んでますσ(^^)
  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら