top

 

 スポンサードリンク

黒胡麻 聖|聖護院

黒胡麻 聖|聖護院京都みやげの定番といえば、生八つ橋ですね。

その黒ごまバージョンが黒胡麻 聖です。見た目がちょっと不気味ですが、その不気味さに惹かれます(^_^)

ノーマルの生八つ橋より、ニッキ臭さが少ないので、お菓子らしくないところが好みです。

包装紙の裏に、『黒の詩』という、サスペンス時代小説のようなものが載ってました。

-黒の詩-
 黒い夜だというのに、黒い衣が翻ったのがはっきりとわかった。本当ならば、この夜分に何をと問い詰めるべきだったのだろう。
 闇の中でこちらを認めた漆黒の瞳は...

続きが読みたい人は買ってね(笑)

黒胡麻 聖 
真っ黒な八つ橋【京都】聖・黒胡麻
  


キャベツの漬物

キャベツの漬物キャベツを丸ごとひとつ、漬物にしてあります。

京都のお土産に買ってきました。

なぜ買ったというと、やっぱり物珍しさですよね。

見た目やどんな味なんだろ?という好奇心からです。

で、食べてみると、最初はフムフムこんなんなんだぁ・・・

でしたが、後の方では、やっぱり漬物は白菜だよねぇ・・・

という結論に至るのでした。。。  


にしんそば(鰊蕎麦)

にしんそば(鰊蕎麦)京都土産のにしんそば、早速作って食べました♪

説明書によると、そばの上にニシンをのせるのではなく、ニシンの上にそばをかけるようにするのだとか。

【1】ニシンをどんぶりに入れる
【2】そばをニシンの上に置く
【3】つゆをかける

これが美味しく食べる手順だそうです。

何故かその理由は明確には説明されてないけど、こうした方が、ニシンの味がそばつゆに混ざり合うからかな?

京都人のファーストフードのにしんそばを食べると、子供の頃にテレビでよく聞いた演歌が、頭の中で流れ出します。

♪海猫(ごめ)~が鳴くからぁ~ニシンが来るとぉ~♪  北原ミレイ「石狩挽歌」より

にしんそば 
【京のうどん・蕎麦】鰊蕎麦は京都の元祖ファーストフードにしんそば...



  


京野菜カレー

京野菜カレー京都駅で新幹線の乗り換え待ちの時間に、

駅構内のカフェラウンジで、京都らしい物ないかなっと探して、京野菜という名前だけで決めちゃいました。

ピーマン、ニンジン、カボチャの京野菜たち、カボチャをカレーにドンと入れる京都のカレーです。

野菜たちは、すべて硬めの仕上がりで、このカレーの中に、京料理の伝統を見たといったら、、、やっぱし間違ってますよね(^◇^;)
  


冷やしぶっかけうどん

冷やしぶっかけうどん所用があり、京都に来ています。

京都駅のホームにあった立ち食いのそば・うどんの店で昼ご飯。

関西のうどん・そばは、つゆが透き通っているといわれますが、

つけつゆは、関東のものと変わらなかったです。

かき揚げとコロッケとエビ天をトッピング♪

   by tam  


前のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら