top

 

 スポンサードリンク

バービカン|日本ビール

バービカン|日本ビールいつの間にかアルコール0%ビール市場が激戦区と呼ばれるようになっていました。驚きです。需要があるんですねぇ。

23年前からあるバービカンも、アルコール0.1%から0.000%に改良されてます。小数点以下ゼロを3つ付ける意味があるのでしょうか?(キリンフリーアサヒのポイントゼロも0.00%表記ですよ)

香料・スターチ・ブドウ糖・酸化防止剤等の添加物が入ってないので、他の製品に比べてすっきりしていてもよさそうな気はしますが。

ビールより麦の香りが強くて、ちょっと甘ったるい感じのビールのような飲料です。

個人的には、キリンフリーの方が好きかな。。。  


バーゲンブロー・ノイ ヴェルト

バーゲンブロー・ノイ ヴェルト原産国は韓国の発泡性リキュールで、以前バーゲンブローを飲んだことがあります。

ちなみにノイ ヴェルト(Neu Welt)は、ドイツ語で新しい世界(つまりNew World)のことです。

…というほど新規性は感じない味わいでした。かなり薄い喉ごしです。韓国では驚くほど薄いビールが愛飲されているらしいですが、このノイ ヴェルトも同様です。

まあ雑味もなく、下手にコクを出そうとして失敗した感もないので、意外にイケてるのかも知れません。  


オフの贅沢|SAPPORO

オフの贅沢|SAPPORO「ノンアルコールビールみたいな味だなぁ」というのが、オフの贅沢を一口飲んでみての感想です。

新ジャンルの新商品「オフの贅沢」は、香ばしい麦の香りがして、くせのないすっきり味です。

糖質70%オフでありながら、コクやうまみ引き出すために、「インフュージョン製法」を採用したそうです。

仕込工程において徐々に温度を上げて麦汁を製造する方法がインフュージョン製法で、煮沸するような高温にしないため、麦本来のうまみを引き出し、飲みやすい味に仕上がるそうです。

琥珀ヱビスなどで使用している焙煎麦芽も一部使用してあります。アルコール度数4%なので、2缶飲むとほろ酔い気分になってきます。

でもやっぱり、「ノンアルコールビールみたいな味だなぁ」という感想は消えませんね(x_x)  


琥珀ヱビス

琥珀ヱビス期間限定醸造の琥珀ヱビスは、グラスに注ぐと色がほんとに琥珀色ですね。きれいです。

アンバーと呼ばれる濃く妖しい色に合って、濃厚で芳醇な味わいです。付け加えれば、缶の色も濃厚なワインカラーで美しいです。

スモーキーな後味は、好みによって好き嫌いが分かれるでしょうが、和食なんかを食べながら飲むのが合うと思います。

決して、ゴクゴクプハァーっと飲むものではありません。
余韻を楽しみながら、ゆっくり飲むのがベターです。  


ザ・ストレートNEW

ザ・ストレートNEW充実のコクはそのままに、さらにキレ・爽快感のある飲みごたえをパワーアップ

して、リニューアルしたようです。確かにパッケージの爽快感はパワーアップしたように感じます。

中身の方は、最初に飲んでから今までそれほど飲んでなかったので、違いがよく分かりませんけど(^_^;)

以前のキャッチフレーズは、『のどに、ぐっとくる』でしたが、リニューアル後は、『のどにグッとくる、グッとくる』に加えて『飲めば、ホレる!』です。

4月に登場して9月にリニューアル、半年を経ていい方向に進化したのでしょうね。ずいぶんビールに近づいてきたビールテイスト飲料でした^_^  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら