top

 

 スポンサードリンク

おいしいチューハイ[オレンジ]

おいしいチューハイ[オレンジ]TaKaRaのおいしいチューハイシリーズの中のオレンジを飲んでみました。この種の缶チューハイ系統には珍しく、糖類不使用なので飲んでみる気になったのです。

味はまるっきりオレンジジュースで、5%アルコール度が嘘のようにすっきりしたみずみずしさです。

オレンジパルプ(ピューレのようなもの)も入っているので、舌触りまでフレッシュオレンジジュースと化しています。

でもチューハイを飲んでいるのだという意識が、かすかに感じるスピリッツの風味を探し当てることに神経を集中します。

それぐらいの集中力をもって望まないと、脳の反応がソフトドリンクを飲んだときと変わらない気がしました。  


スノースパークリング&ベリースパークリング

スノースパークリング&ベリースパークリング

アサヒカクテルパートナーの期間限定のスパークリングカクテルです。

スノースパークリングは、白ワインにシャルドネ果汁とラ・フランス果汁をミックスした洋梨リキュール。

ベリースパークリングは、赤ワインにカベルネ果汁とストロベリー果汁をミックスしたストロベリーリキュール。

赤と白のいいコンビな感じですが、味わいはまったく違いました。

ベリースパークリングは、さっぱりした中にも芳醇といってもいいような味なのですが、スノースパークリングの方は、薬臭さのような感じの味で、いやいや二度と飲みたくないです。
それぐらい2つは違いました。  


カルピスサワー

カルピスサワーカルピスソーダとカルピスウォーターってありますね。足して割ってアルコールを入れた感じです。

微炭酸・低アルコール、、、ってアルコール度5%はビール並みなんですけど、子供の頃の記憶にしか残ってないカルピスの味なので、とてもお酒とは思えません(^◇^;)

スイート系チューハイもここまできたって感じです。実際はそれなりにアルコールがカラダを駆けめぐります。脳みそも駆けめぐります。

ウォッカベースなので、チューハイとは呼ばないのかも知れませんね。焼酎ベースにしなかったのは何か訳ありなのでしょうか。長い歴史のあるカルピスに、進化し続けながらも懐かしい味が残った面影を見たおもいです。  


焼酎ハイボール|TaKaRa

焼酎ハイボール|TaKaRa

糖質80%オフ、甘味料不使用の表記があるとおり、どのフレーバーも辛口の缶チューハイですねぇ。

アルコール度数7%の強炭酸で、実にドライです。さっぱりしてると言う言い方もできるけどドライです。NUDA(キリン)という炭酸水を思い出しました。

苦いチューハイが有ってもいいと思いますが、女性受けする甘めのサワーを売るのがトレンドじゃないですか、TaKaRaさん?チョー辛口といってもいいチューハイの市場もあると踏んでいるわけですね。  


富士山麓 樽熟50°|キリン

富士山麓 樽熟50°|キリンアルコール度数50%の国産ウイスキーです。ストレートで飲むにはかなりキツイです(^◇^;)

味そのものは、ウイスキーにしては甘口なので、あまりアルコール度を感じさせないです。

樽の甘い香りとなめらかな舌触り、、、に欺されてぐぃっと飲みこむと50°の威力がバァーと広がって、甘い香りが鼻の奥から抜ける。。。

ウイスキーを飲む機会は、まったくと言っていいほど無いのですが、静かに味わいながらチビチビ飲みたいときはいいですね。  


  次のページ

インフォメーション
  • 口コミグルメTOP
  • Twitter検索なら
    • SEOブログパーツ
Mobile向けサイトはこちら